ID管理でどう変わるのか

マイナンバーに対する期待と不安

プライバシー管理の徹底

医療業界においては、個人の情報の取り扱いに全国統一のルールがなく、カルテやレセプトの管理も煩雑だった。二重で診療を受けるケースも珍しくはなく、二重投薬の問題も合わせて、医療費増大の一因になっているという声が挙がっている。

こうした問題を解決するために、業界にもマイナンバーが導入されることが決定した。マイナンバーというのは、国民一人一人に与えられる個別に識別番号のこと。これがあれば、その人個人の診療状況がどうなっているのかを、全国一律で簡単に調べることができるのだ。二重診療の問題も回避しやすくなる上に、カルテやレセプトの管理もコンピューター上で一元管理できるようになる。

看護師の仕事が楽になるというメリットも生まれる画期的なアイデアなのだが、個人情報保護の観点から見ると課題が多いと指摘されている。そうした面から、マイナンバーとは別に医療番号というものを作って、ワンクッションを置くという案も出ている。これなら、番号が流出をしたとしてもすぐにカルテの内容を誰かに見られてしまうことがなくなるだろう。

その他、情報の管理ができるのを基本的に医師に限定する案も出ている。こうした個人情報保護の案をいくつか取り入れていくだけでも、プライバシーをしっかり守れるだろう。このシステムがあれば、ビッグデータの活用もしやすくなるメリットがでてくる。新薬の開発にそのデータを活かすこともでき、最終的には国民に多大なる利益が生まれると考えられている。