ID管理でどう変わるのか

マイナンバーに対する期待と不安

マイナンバー制度のメリットとは

あらゆる個人情報を詳細に網羅したマイナンバー制度に関しては、一部でプライバシーに関わる問題が提起されているものの、それをはるかに上回るメリットと共に概ね受け入れられる傾向にあり、今後の普及に期待が掛かっている。当然この制度は医療の世界においても仕事の簡略化やコストダウンの面において大きなメリットをもたらすと期待されており、本格的な普及が進む数年後には、受診一つでも迷う事の多い総合病院であっても大変スムーズに診療が進むだろう。

医療の現場で働く看護師にとってもこの制度の普及は大きな福音となるに違い無い。近年における個人の受診履歴や病気の有無といった診療に大変重要な情報もマイナンバーから簡単に引出し参照する事が可能になり、適切な治療とスピードアップを図る事が出来るのである。また複数の医療機関同士でこれらのデータを共有可能となる事により、セカンドオピニオンの確保や紹介状を伴った転院にも柔軟に対応出来る様になるのである。

もちろん各種の保険や給付に関する手続きもマイナンバーを利用し簡略化が図れる為、それまで混雑が必至であった会計もスムーズに完了させる事が出来る様になるのだ。これらのメリットは大事な個人情報が全て開示されるからこそ可能となる訳であり、その情報管理や秘匿はとってこれまで以上に重要な責務となってくるであろう。もちろんこうした情報を扱う看護師とてそれは同じであり、個人情報秘匿に関するコンプライアンス遵守が求められるようになる。こうした社会の動きから、マイナンバーについて説明を求められることも増えてくることが予想される。そうした事態に備えるためにも、しっかりとマイナンバーを把握する看護師が必要になってくるだろう。